藤原バレエアカデミー
主宰 藤原 悦子
日本バレエ協会会員
日本バレエ協会関西支部総務部長
藤原バレエアカデミー
錦見 真樹
日本バレエ協会会員
1949年、大阪バレエ学園(西野皓三氏主宰)に入門。
「くるみ割り人形」「ジゼル」「白鳥の湖」等に出演。
1954年より小牧バレエ学園大阪教室にて、小牧正英氏に師事。
大阪小牧バレエ団団員として「牧神の午後」「バラの精」「眠れる森の美女」などの出演。また指導、振付、演出等を学び、同教室の講師を務める。
関西テレビ子供音楽会等の番組で振付を担当。1978年独立、西宮コマスポーツセンターで「西宮コマバレエ教室」を主宰し、宝塚音楽学校別科の講師を務める。
海外でも研修しメッセレル女史、ハンス・マイスター、マダム・ノラ、ジャン・クロード・ルイーズの各氏に学ぶ。1983年大阪日本橋に「藤原バレエアカデミー」を設立。
当初より一般社会人がバレエを学べる環境を模索し、指導、舞台製作を続けている。

藤原悦子に手ほどきを受け深川秀夫、石川恵己、ハンス・マイスター、ジャン・クロード・ルイーズに師事する。
藤原バレエアカデミー主任教師。大阪大学法学部卒。
スイス、アメリカに研修する。
舞台では「眠れる森の美女」リラの精、「レ・シルフィード」のプレリュード、「センツァーノの花祭り」、「パキータ」、「白鳥の湖」「ラシルフィード」のソリスト、深川秀夫作品「愛しき想い」「The Shot」等を踊る。
その傍ら、アート関係の学術書の翻訳を携わり来日振付家やウラジミール・マラーホフ、サッシャ・ラディッキーらアメリカンバレエシアターのダンサーの通訳も務めている。
2010年 Professional Dancers Association (PDA) 公演「Mask」でバレエ・ミストレスをつとめ、「Run Wild」を振付。